赤ちゃんが健やかに過ごせる室内環境とは?

赤ちゃんが健やかに過ごせる室内環境とは?

多くの赤ちゃんは、室外よりも室内で過ごす時間が必然的に長くなります。

 

そのため室内の環境は、赤ちゃんが快適にそして健やかに育つためにとても大切な要因になるのです。

 

赤ちゃんは大人よりも体温の調節機能が上手出来ず、また身体の各器官も成長していない為、鼻詰まりが起こりやすかったり肌が乾燥しやすいなどといった特徴があります。
そのため赤ちゃんに適した環境というのは大人と同じではなく、またより気を遣ってあげなければいけないものなのです。

 

 

赤ちゃんの為に気をつけたい室内の環境の大きなポイントとしては、室温と湿度があげられます。

 

赤ちゃんは、部屋が暑すぎても熱が体内にこもり高熱になってしまいますし、寒すぎると身体が冷え切って低体温となってしまうので注意しなければいけません。
大体1年を通して室温は25℃前後に保つようにすると良いでしょう。特に気をつけたいのは、夏場と冬場になります。

 

夏場は25℃〜27℃、冬場は22℃〜25℃前後に室内の温度を保つようにしてあげましょう。

 

クーラーやエアコンは身体に悪いと思われがちですが、赤ちゃんの身体に直接風があたらない様にして使ってあげれば大丈夫です。上手く使う事で、赤ちゃんの過ごす環境を快適に保つ事が出来ますよ。

 

また、室温だけではなく湿度にも気を配る事が大切です。湿度をコントロールする事で赤ちゃんの鼻や喉などの気管支や肌を守り、更に風邪などのウイルスや細菌から赤ちゃんを守る事が出来るのです。
湿度も室温と同じ様に高すぎても低すぎても赤ちゃんにとって良くない影響を与えます。

 

室温が低いと喉を痛めたり鼻詰まりや肌の乾燥を引き起こします。逆に室温が高すぎるとカビなどの菌が繁殖しやすくなり、赤ちゃんの健康に良くありません。

 

赤ちゃんに適した湿度は、一年を通して40%〜60%と言われています。湿度は60%以上になると、一気にカビなどが発生しやすくなります。
逆に40%以下になってしまうと、途端に肌や器官の潤いが奪われてしまうのです。

 

湿度調整には、加湿器やエアコンの除湿機能などが有効です。しかし、加湿器は高温が吹き出して赤ちゃんにとって危ないスチーム式や加湿器病となりやすい超音波式などがあるので注意をして使いましょう。

 

赤ちゃんのいる家庭では、温度計そして湿度計を用意してこまめにチェックしてあげることが大切です。
赤ちゃんに合わせた室内環境は、大人からすると少し蒸し暑いと感じる事もあります。

 

しかし、室内の環境を赤ちゃんにとって快適な室温や温度に保つことによって、赤ちゃんの健やかな成長をサポートすることが出来ますよ。
また、室内の温度や湿度をチェックするだけではなく赤ちゃんの汗の様子や体温などにも気を配る事を忘れてはいけません。